ログイン |  新規登録    登録数:133名 | サイトマップ |
アースデイとやま2008(6/15)
アースデイとやま の記録

トップ  >  富大環境関連研究・活動紹介
富山大学環境関連研究・活動紹介コーナー
「環境やってます! in 富山大学」


 富山大学には8つの学部と多数の研究施設がありますが、その中には普段から環境関係の研究や教育などの活動に携わっておられる先生や大学院生、学生の方が数多くおられます。そうした活動をできるだけたくさん紹介していただくために、このコーナーを設けました。創意に満ちた多種多様な研究や活動を、掲示物を使って一般市民向けにやさしく解説していただけます。

日時:14日15時(「富山大学第2回環境塾」開始時)
    〜15日17時(アースデイとやま終了時)
   (15日15時〜16時には先生方に直接掲示の前でご説明いただきます)

場所:黒田講堂ロビー・会議室



人間発達科学部
「野生動物は誰のものか ― 少子高齢化・過疎化の時代の鳥獣保護管理」(高橋満彦)

理学部
「富山の野生動物の健全性を遺伝子で探る」(山崎裕治)

「神通川水系のウグイによる環境モニターと評価」(内山 実)

「大気観測から見た地球環境」(青木一真)

「化学計測をベースとした体系的な環境教育」
(田口 茂・倉光英樹・波多宣子)

「水の大捜査線〜富山の水を化学せよ〜」(佐竹 洋・上原佳敏)

「水が語る気候変動」(張 勁・上原 佳敏)

「海洋汚染から富山湾を守る微生物たち」
(田中俊輔・田中大祐・中村省吾)

「ムール貝とウニによる富山湾の海洋汚染モニタリング」
(酒徳昭宏・紅谷崇司・田中大祐・中村省吾)

「外来生物セイヨウオオマルハナバチの侵入がもたらすもの」
(石井 博)

「植物の力を利用した重金属汚染の緩和」
(井上 弘・蒲池浩之)

「もうひとつの尖閣諸島問題 −野生化ヤギが滅ぼすいのち」
(横畑泰志)

工学部
 
「富山大学での定点観測からわかってきた富山市の大気・降水に含まれる水銀の現状」(加賀谷重浩)

医学部
「樹木年輪から考える過去と未来の富山の環境」
(加藤輝隆)

「富山大学におけるスギ花粉飛散の特徴と気象要因」
(寺西秀豊・福島千鶴子・加藤輝隆)

極東地域研究センター

「高山生態系から探る地球温暖化の影響」(和田直也)

「立山室堂平の冬期降水量変動と雪氷環境研究」(川田邦夫)

富山大学水質保全センター
「富山大学五福キャンパスにおける実験排水管理体制」
(川上貴教・藤縄 文)
プリンタ用画面
友達に伝える
前
アースデイシンポジウム
カテゴリートップ
TOP
次
アースデイ・ステージ