『とどけよう わたしたちのエール』


  未曾有の大地震、巨大津波、そして原発事故……3万人を超える多くの方々が犠牲になられましたが、その数さえも確認できないほどの複合的な大災害となりました。この度の大震災で被災された方々に心からのお見舞いを申し上げます。
 「どんな痛手からも、わたしたちは必ず立ち直る。」いま、日本中のみんなが我がこととして災害を受けとめています。被害が広範囲に及ぶからというだけでなく、わたしたちが選択してきた今の社会のあり様にも、その原因があるのではないかと、意識のどこかで直観しているからではないでしょうか。
 今年のアースデイとやまのテーマは、森。人が適切に関わることで、ともにいのちを育み合ってきた「里山の森」です。森にあるのは樹木だけではありません。四季を通して森の生態系に精通することで、里山に住む人たちは多くの恵みを持続的に得てきました。その技と知恵を失うことは、森を失うこと。水や沃地や海を失うこと。森の暮らしと技をどのように継承し、持続可能な未来に活かしていくのかが、今を生きるわたしたちに問われています。
 大震災の復興に向けて、東北・関東で立ち上がる人たちをどう支えるのか、たとえばエネルギーや食糧など、わたしたち自身の選択と行動が、大きな影響力を持つことになるでしょう。その意味で、森の技に学び、「みんなで立ち直っていく」ことを、願わずにはいられません。

アースデイとやま2011「いのちの森、みんなの森」

日 時:5月29日(日)9:00〜16:00
会 場:富山市ファミリーパーク(富山市古沢254 tel.076-434-1234)
入園料:ファミリーパーク所定の入園料が必要です(高校生以上500円)

主 催:アースデイとやま2011実行委員会  
共 催:富山市ファミリーパーク
お問合せ:fax.076-493-6260 info@earthday-toyama.org
     (アースデイとやま2011実行委員会事務局/みどり共同購入会内)

NEW!! アースデイとやま2011出店要項をダウンロードする>>