<アースデイとやま2018  企画参加の方法について>

アースデイとやま2018 企画参加要項をダウンロードする>>

.◆璽好妊い箸笋2018の趣旨に賛同し、企画参加を希望される方は裏面の「登録シート」に必要事項をご記入の上、半裁して実行委員会事務局に提出してください。提出方法はファックス、またはeメールでお願いします。
●2018年アースデイとやま企画締め切り…4月20日(金)
*今年の趣旨を理解していただくために下記の学習会とワークショップを開催します。学習会に参加していただき、事前に実行委員会と意見交換していただいた方を企画受付の際に優先したいと考えます。
●4月7日(土) 13:30〜16:00 富山市ファミリーパーク自然体験センター テーマ「地域ではじめるSDGs」(仮)
講師は星野智子さん(SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事/環境パートナーシップ会議副代表理事)
⊆け付け後、実行委員会で企画内容を検討いたします。その結果を、4月25日までにファックスで返答します。企画参加を受け付けさせていただく場合は、「備品申請書」を合わせて配布いたします。
4覯莠け付け後、以下の手続きをお願いします。
 ・「備品申請書」を4月末日までに事務局に必ず返送してください。企画参加で必要な備品(水道、熱源、テント、机、イス・土のう)などを集約し、備品提供の方法を相談させていただきます。
 ・すみやかに賛同金や企画参加登録料をお支払いください(天候などの理由で屋外出店/出展が困難となった場合、出店/出展者の方の都合で当日出店できなくなった場合でもお返しいたしません)。
 ・アースデイの趣旨やファミリーパークの活動を理解していただくために、出店者説明会と会場下見を行います。
運営に関わる大事な説明会です。県外など遠隔地の方以外は必ず参加し、情報を共有されるようお願いします。
●日時…5月6日 15時より
●場所…富山市ファミリーパーク・自然体験センター内 研修講義室
ち案のテント設営などの準備、当日の備品搬入方法、会場配置などについては5月6日の出店者説明会の場で説明させていただきます。今回の会場は出展者・来場者とも無料エリアで入園料がかかりません。
ゥ◆璽好妊い了親蔚癲出店料(備品代金含む)は5月6日の説明会またはその前日までに郵便振込みでお支払いください。
*賛同金及び出店/出展料について
 アースデイとやまの運営は市民一人ひとりの賛同金によって支えられています。賛同金は一口1000円から集めていますのでご協力お願いいたします。出店/出展を希望する方は、出店/出展料が必要です。また物品販売・飲食提供をされる場合、当日売上金の10%をいただきます。これらの賛同金はアースデイの運営費として広告宣伝や当日の必要経費に充てられます。当日売上金はファミリーパークに必要経費として支払うお金です。チラシなどインフォメーションを希望される方を対象に受付横に配布スペースを設置します。その場合は賛同金のみいただきます。
[出店/出展料]
●リサイクルマーケット…1000円 *2m×2mの専用エリアです
●市民・NGO団体…3000円     ●個人事業者…5000円
●企業・団体…10000円
  *当日の物品搬入出について
物品搬入出については車両の使用が可能です。搬入後、用意した駐車場にご駐車いただきます。アースデイの趣旨から、車両の使用台数は原則1台とさせていただきます。出店者説明会の時に車両通行証を発行します。リサイクルマーケットについては当日、車両での搬入はできません。台車を使用しての搬入をお願いいたします。
*備品申請と備品代について
ヾ・イスなどの持ち込みができます。テントの持ち込みは実行委員会で形状を確認させていただいた上で判断いたします。その場合は、テントが強風で飛ばされないための対策を、土のうなどで行っていただきます。なお、テントなどを使用される企画参加者の皆さんは、前・当日には全体で設営、撤収を行ないます。設営スタッフを出していただき、お手伝いをお願いします。
電気や火気の使用は原則禁止します。企画内容によってどうしても必要な場合は、「登録シート」に記入の上、実行委員会にご相談下さい。事前に申請がない場合、当日使用は禁止します。水場は自然体験センター内で使用できます。
4覯菘佻晋紂◆嵌品申請書」で正式に申請をしていただきます。持ち込み備品以外で、レンタルされる場合は事前に申請の上、下記の実費をお願いしています。
・テント…1張りの半分の1ブース分(横2.7m×縦3.3m) 4000円(土のう、ロープ代金を含む)
・机1000円…180×60cm
・パイプイス…300円
・土のう、ロープ…1セット 200円
・カップ、食器、箸など…サイズや使用数により有料で実行委員会より貸し出し
<飲食関係の出店を希望される方に>
保健所の許可を得ていただくことが出店の条件となります。また、当日使用する飲食に用いるカップ・食器についてはディッシュリターンとし、使い捨て容器の使用は禁止します。カップ・食器・箸などは実行委員会でも用意していますのでご相談下さい。