ログイン |  新規登録    登録数:133名 | サイトマップ |
新着ダウンロード
アースデイとやま の記録


事務局 : 2009年アースデイ出店者募集しています
投稿者: 金谷 投稿日時: 2009-3-16 12:17:12 (1560 ヒット)
事務局

□参加者募集中! お申し込みは、事務局まで。
◉地球市民エリアに出展する市民グループ、◉スローフード屋台に出るお店 、◉ナチュラルマーケットに出店するお店
  ▲賛同金      
   個人 1,000円、
   NPO・NGO・市民グループ・個人事業主 3,000円、
   企業・各種団体・行政機関 10,000円
  ▲出店・出展料  テント1ブース(横2.7m×縦3.3m)当たり
   製品販売の場合1口1,000円で個人2口、NPO・市民グループ・個人事業主3口、企業・各種団体・行政機関10口
   *飲食を伴う場合、上記出店料は5口以上
   *なお、会場内で当日販売される方は売上金の10%を売上協力金として寄付をお願いします。福祉団体は除く。
◉リサイクルマーケットに出店する方………… 2m×2m=1000円。プロ出店はありません
◉ワークショップを主催する方 …………………賛同金  個人1,000円、市民グループ3,000円

 実行委員会は、参加者からの賛同金と出店・出店料と売上協力金を資金にボランティア運営されています。ご理解とご協力をお願いします。

◉エコ企業エリアに出展する企業 ……………詳しくは、北日本放送営業部まで。tel.076-433-8653 担当 坂田

一緒につくりあげるボランティアスタッフを募集中!……本部の受付や運営など。食事券を支給します

<お問合せ・資料請求・申込先>
アースデイとやま2009実行委員会事務局
〒939-8025 富山市今泉335番地(みどり共同購入会内)
eメール midori-k@p1.coralnet.or.jp    
fax. 076−493−6260 筍娃沓供檻苅坑-6261 

 出店者はすでに30団体余り集まっています!一次集約は3月23日まで。3月29日13時〜出店者説明会があります。お申し込みは早めにお願いします。 


 地球の日のまつり「アースデイ」に参加しませんか?
 春の訪れとともに、地球への感謝の気持ちを、
 みんなで分かち合う野外フェスティバル「アースデイ」。
 今年は、富山駅北口周辺で行います。
 環境のこと、食べ物のこと、街づくりのこと、いのちのことをみんなで考え、つながりながら、楽しく行動していきます。
 ぜひいっしょに、アースデイしましょう!
 アースデイとやま2009  
 〜できるわ、めぐる輪、つながる環〜

●4月25日(土) 13:00〜20:30 26(日) 10:00〜17:00
●会場:富岩運河環水公園、富山市親水広場、KNB入船別館
●主催:アースデイとやま2009実行委員会   
 共催:北日本放送
[主な内容]
■自転車企画「スプリングサイクル2009」
 @富山市親水広場と富山市内、富岩運河環水公園
●「自転車パレード」〜大好き自転車、芽を出せ春だよ!
富山市中心部を自転車パレードが進みます。巨大パペットも参加!(4/25)
●「バイシクル・ライド」〜自転車に乗って、集まろう!
  富山市親水広場を出発し、富山市内をゆっくり自転車で走り ます。
●自転車の修理メンテナンス・安全教室、自転車試乗会、BMX(バ イシクル・モトクロス)フリースタイル、
  おもしろ自転車発電、各種出展・販売、他(4/26)

■トークコロシアム @KNB入船別館
○「スプリングサイクル2009 自転車シンポジウム」 テーマ:自転車によるまちづくり(4/25夜)
○「食の安全・安心と環境」 テーマ:食の安全・安心、地産地消、健康と環境(4/25)
○「学生環境フォーラム」 高校生・大学生による活動発表と討論会(4/26)

■野外フェスティバル @富岩運河環水公園(4/26)
○野外ステージ…………コンサートやトークで楽しもう♪ 今年も素敵なゲストをお迎えします。
○地球市民エリア………市民グループや公益団体による活動アピール。
○エコ企業エリア…………企業による環境対策や環境商品のアピール。
○街なか自然体験………ネイチャーゲームや自然工作などで、楽しく自然について学びましょう。
○キッズエリア……………子どもとお母さんのエリア。芝生の上で凧揚げ大会などのびのび遊ぼう!
○スローフード屋台………からだと地球に優しい、化学調味料無添加・地場産にこだわった屋台。使い捨て容器は使用しません。       
○ナチュラルマーケット……手作り雑貨、自然素材、フェアトレードなどの気持ちいい商品の数々。
○リサイクルマーケット……使わなくなったモノは、家で眠らせずに持ち寄ってね!


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド