ログイン |  新規登録    登録数:133名 | サイトマップ |
新着ダウンロード
アースデイとやま の記録



投稿者: 金谷 投稿日時: 2014-5-15 15:50:53 (2831 ヒット)
アースデイ情報局

2014のアースデイとやまの出店者は下記のとおりです。

〈ワークショップ〉 
 ●実行委員会企画…呉羽丘陵の自然観察会
 ●実行委員会…被災地でも活躍した料理・暖房ができるロケットストーブ作り
 ●実行委員会…自然栽培で育てたプランターの販売
 ●実行委員会…しっくいで手形作り 自然素材の漆喰を使って手形を押しデコレーション作り
 ●北陸三県ありがとうプロジェクト…出店者・来場者に「ありがとう」のメッセージを集め、ブログで発表
  ●富山県生協…県生協の環境活動の紹介と石ころアート体験
 ●Wakuwaaaku shop Kinakoubau…手でこねて装飾して作るキャンドルのワークショップ ●ロイヤルプリンセス…タイ古式マッサージの参加体験
 ●しあわせ工房…天然鉱石や植物・セラミックなどを使ったワークショップ
 ●LALAHONEY ららはにい…ナチュラル化粧品づくり体験とみつばちコスメ販売
 ●森のようちえん まめでっぽう…ペットボトルの田んぼによる稲作りと活動紹介
 ●市民生きものメイト…呉羽の森で間伐・採取したクラフト作りや「ハーブティー(薬草茶)」体験
 ●ガールスカウト富山県連盟 富山地区協議会…クイズゲームやエコクラフトを通しての活動紹介
 ●どんぐり工房…「木琴」づくりのワークショップ

〈展示/活動アピール〉
 ●実行委員会…小水力発電ピコピカで発電のモデル実験
 ●西村精工…森のエネルギーで暖まろう〜ペレットストーブの実演〜
 ●越の国自然エネルギー推進協議会…木質バイオマスエネルギーおよびカーボンオフセットのアピール
 ●富山高等専門学校…小水力発電アイデアコンテストの水車模型展示、自転車などによる発電
 ●財団法人 とやま環境財団/富山県環境政策課…自然エネルギーを利用した実践と展示 ●NPО法人NICE(日本国際ワークキャンプセンター)…カラフルでヘルシーな地球社会作り〜国産ワークキャンプ活動の紹介〜
 ●インスペクション・システムズ…薪きストーブの展示、ピザの販売
 ●NPO法人…立山自然保護ネットワーク 企画展「呉羽のいのちの多様性」のパネル展示と活動紹介
 ●いらんちゃ☆原発@富山…脱原発や被災地支援のアピールと物品販売
 ●どこでも誰でも放射能検診を実現しよう・北摂の会…被災者・避難者に放射能検診のアピールと福島原発事故の写真展

〈被災地支援〉
 ●きゃんどるあーと じゅのん…ポストカードやキャンドルを販売し震災支援活動費に
 ●東北エイド…東日本大震災の被災地支援活動の展示とアピール、被災地家族のふれあいサロンの提供

〈展示/物販〉
 ●丸みどり共同購入会…添加物を使用しない食品や環境に配慮した雑貨の販売
 ●公益財団法人富山YMCA…YMCAの活動紹介とフェアトレード商品の販売
 ●富山生きる場センター…「障害」者が手作りしたハガキやカードなどの販売
 ●合掌の森再生協議会…世界遺産五箇山の環境保全のPRと五箇山の物産の販売
 ●のほほんべりー富山名水美人団…チンドンコンクール入賞の「富山名水美人団」のパフォーマンスとリサイクルアートの販売
 ●とやま市民放射能測定室「はかるっチャ」…食品や土壌に含まれる放射能測定のアピールとバザー
 ●STREET HASSLE ストリートハッスル…クラフト材料やハンドメイド雑貨などの販売
 ●土遊野…有畜複合農場の試みのアピールと物品販売
 ●pray tоnam(プレイ トゥ ナム)…ラオスのフェアトレードの布製品の販売
〈フローフード〉
 ●実行委員会…ファミリーパーク園内から採取した竹の子カレーとうどん、飲料販売
 ●東北エイド…福島浪江焼きそばやどんどん焼きの販売。
 ●山のハム工房・GOBAR ゴーバル…タコスと自家製ソーセージの販売
 ●maman・poire (ママン・プワール)×風の薫り…有機野菜カレー、甘酒ドリンクなどの販売
 ●NPО法人 コーポラティブハウス木の実…国産原料を使ったクッキーや手作りパンの ●おやつ堂 のあ…農薬不使用・オーガニック素材を使った手作り焼き菓子の販売
 ●NPО法人 あかりハウス…福祉施設で作った国産小麦によるクッキーやマドレーヌなど焼き菓子の販売
 ●Мarioのパン屋さん…天然酵母のパンや農薬不使用の玄米・全粒粉パスタの紹介と販売

 そのほかフリーマーケット5件

アースデイ当日のステージスケジュールです

9:10 開会宣言/アースデイとやま2014実行委員長
9:15 スターオーシャンミニ(アコースティック)
9:45 東北の今/川渕映子(東北AID)・滝澤卓(音楽家)
10:05 ウエイノ(フォルクローレ)
10:35 自然栽培とタネ/廣和仁(自然栽培農家)・本田恭子(実行委員長)
10:55 マツバラーズ(アコースティック)
11:25 とやまの地域エネルギー/上田晃(地熱:富山大学教授)・上坂博亨(小水力:富山国際大学教授)
11:45 てくてく(アコースティック)
12:15 ベリーダンス
12:35 滝沢 卓(シンセサイザー)
13:05 呉羽丘陵の生物多様性/小杉潤(富山市ファミリーパーク)・横畑泰志(富山大学教授)
13:25 張鶴(二胡)
13:55 発酵食と健康/田中美弥(野菜ソムリエ)・新村義孝(新村こうじみそ商店)
14:25 大谷アース楽団(フォーク)
14:55 住まいは木から/野上宏二(大工)・花岡貞彦(建具・家具職人)
15:15 Ryu project(和太鼓)
15:45 閉会挨拶/富山市ファミリーパーク園長

〔シネマポット〕プログラム    上映会場:自然体験センター
10:00 太陽の村 レッテンバッハ村
11:30 トランジション進行中2.0
12:50 シェーナウの想い〜自然エネルギー社会を子どもたちに〜
14:00 ミツバチからのメッセージ

*なお、事前チラシで告示していました映画「みんなのたねの物語」は都合により中止となりました。この場をお借りしてお詫びいたします。


投稿者: ツッピ! 投稿日時: 2014-4-3 21:00:52 (2638 ヒット)
アースデイ情報局

アースデイとやま2014のチラシが出来ました。
ダウンロードも可能になっております。
よろしくお願いします。
(下の画像をクリックいたしますとダウンロード出来ます)

 
 


投稿者: 金谷 投稿日時: 2014-3-10 20:06:21 (2432 ヒット)
アースデイ情報局

アースデイとやま2014 企画参加要項

 今年のアースデイとやまの出店/出展者を希望する皆さんの募集要項ができました。3年ぶりに富山ファミリーパークで開催します。今春から富山市ファミリーパークはアースデイ富山周辺は無料エリアとなり、多くの人出が予想されます。また、持ち込みテントの許可条件を緩やかにし、富山市ファミリーパーク内の駐車場を利用できるなど、より出店/出店しやすくなりました。企画申込書はホームページでダウンロードできるようにする予定ですが、それまでは連絡先・みどり共同購入会内あーすでいとやま事務局に請求ください。

<アースデイとやま2014開催趣旨>
 アースデイ(4月22日)は、母の日や父の日があるように、母なる地球に感謝し行動する“地球の日”です。この日前後に毎年世界各地で開催されるイベントには、約180の国と地域、約12,000団体、2億人以上の人が参加している、世界最大の環境フェスティバルです。アースデイとやまは1991年から始まり、自分たちの足もとである富山県内で活動していく、非営利の市民ネットワークとして継続してきました。今ではアースデイ当日には何千人もの市民が参加し、市民が企画・運営する県内で最大規模の活動へと広がってきました。
2014年度の会場は3年ぶりに富山市ファミリーパークに戻ってきました。アースデイ会場 (自然体験センター、六せん広場周辺)エリア周辺は多くの市民の皆さんが参加しやすいように今年度から無料ゾーンになりました。今年のテーマは、「つなごう、いのちの輪」。暮らしの見直しや持続可能性に加えて、富山市ファミリーパークとの共催によって生物多様性、そしてここ数年取り組んできた震災被災者支援、エネルギー問題などさまざまな内容が盛り込める幅広いテーマとしました。
 富山市ファミリーパークは今まで「里山の再生」、「希少生物の保護育成」、「動物の行動展示による環境教育」などの生物多様性の保全に対する取り組みを行っており、ここ数年は公園施設内で再生可能エネルギーの普及・実践にも力を入れています。ここを会場とし、自然体験型の企画やワークショップを同時に実施することで市民が五感を通じての環境保全の大切さを感じられる一日としたいと考えています。同時にアースデイとやまの特色である屋外の開放的な雰囲気の中で富山の市民グループやいろいろなお店が集まって、環境への思いを形にあらわし、いろいろなアピールを行なう一日とします。

<会場使用にあたっての禁止事項>
 ファミリーパークは動物たちがたくさん生息している自然体験型の公共施設です。園内で暮らしている動物に悪影響を与えないように、次のことは禁止されています。
●大きな音を出す                     ●旗など大きなものを振りかざす
●たき火やにおいの強いものを発する        ●犬などのペットを持ち込む(介助犬は入園可能)
また、企画参加にあたっては、以下のことを厳守していただきます。
●飲食販売については保健所の指導に応じた基準を厳守していただきます
●悪天候など非常時や園内の安全管理については、ファミリーパークの指示に従っていただきます
●公序風俗に反する展示や物品販売、行為を伴う出展はご遠慮いただきます
●地球環境の保全や環境への配慮を目指して活動しています。毎年企画参加者のみなさんには、ゴミを出さない工夫をお願いしています。また、発生したゴミは持ち帰りください。
●アースデイとやまでは来場者、企画参加者については会場の1日だけの簡易型の保険に入りますが、企画内容によっては対象外となり、保障の範囲も限りがあります。参加中のトラブル、事故については原則、企画参加者の自己責任となりますので、くれぐれもご注意をよろしくお願いします。

●連絡先:実行委員やボランティアスタッフ、賛同金、企画参加内容のお問い合わせは
アースデイとやま2014実行委員会http://earthday-toyama.org/事務局まで
〒939-8025 富山市今泉335番地 みどり共同購入会内  担当 金谷
eメール midori-k@p1.coralnet.or.jp  fax.076-493-6260
tel.076-493-6261(電話は緊急時のみ。)
みどり共同購入会では通常の業務の中で事務局を担っています。eメールも仕事で多数寄せられるのでアースデイの用件だとわかるようにタイトル標記にご配慮していただき、連絡ください。

<アースデイとやま2014  企画参加の方法について>
.◆璽好妊い箸笋泙亮饂櫃忙親韻掘企画参加を希望される方は別紙の「企画参加申込用紙」に必要事項をご記入の上、実行委員会事務局に提出してください。提出方法はファックス、またはeメールでお願いします。
 ●2014年アースデイとやま企画締め切り…4月20日
⊆け付け後、実行委員会で企画内容を検討いたします。その結果を、4月末日までにファックスで返答します。企画参加を受け付けさせていただく場合は、「実施内容・備品申請書」を合わせて配布いたします。
4覯莠け付け後、以下の手続きをお願いします。
 ・「実施内容・備品申請書」を、5月9日までに事務局に必ず返送してください。企画参加で必要な備品(水道、熱源、テント、机、イス)などを集約し、備品提供の方法を相談させていただきます。
 ・賛同金および企画参加登録料をお支払いください。
 ・アースデイの趣旨やファミリーパークの活動を理解していただくために、出店者説明会と会場下見を行います。特別な事情がない限りは参加をお願いします。
      ●日時…5月11日 14時より ●場所…富山市ファミリーパーク内 
*詳細は後日ご案内いたします。
ち案のテント設営などの準備、当日の備品搬入方法、会場配置などについては5月11日の出店者説明会の場で説明させていただきます。今回の会場は出展者・来場者とも無料エリアで入園料がかかりません。その他のファミリーパークの施設には入園料が必要です(大人・高校生以上500円、中学生以下無料、孫と一緒にお出かけすると入園無料となります)。
ゥ◆璽好妊い糧品申請代、出店料については前日までに郵便振込み、または当日会計担当者にお渡しください。

*企画参加登録料について
 企画参加を希望される方は内容ごとに参加登録料が必要です。このお金はアースデイの運営費として、全体の広告宣伝や当日の必要経費に充てられます。
●震災被災者支援団体…参加登録料無料
●リサイクルマーケット…参加登録料1000円 *2m×2mの専用エリアです
●NGО、個人事業者による出展、出店、物品や飲食販売…参加登録料3000円
●企業出展…参加登録料10000円
*物品販売・飲食提供をされる場合、全体運営経費として別途売り上げ金10%を支払っていただきます。
*当日の物品搬入出にいて
物品搬入出については車両の使用が可能です。用意した駐車場にご駐車いただきます。スタッフ及び企画参加者は車両通行証を発行します。アースデイの趣旨から、車両の使用台数は制限させていただきます。

*備品申請と備品代について
 机・イスなどの持ち込みができます。テントの持込については相談させてください。自前にテント持ち込む場合は、土のうなどテントが強風で飛ばされないための対策を行っていただきます。生物多様性のテーマにかかわるワークショップ、自然体験型の企画、アピールや活動紹介を目的とする企画については共通のスペースを会場内で設置します。共通スペースで出店される場合は、テントは実行委員会で用意しますので無料です。展示内容が該当するとどうかの判断は実行委員会が行います。なお、テントなどを使用される企画参加者の皆さんは、前日、当日に全体で行う設営、撤収に関してもスタッフを出していただき、お手伝いいただきます。
電気や火気の使用は原則禁止します。企画内容によってどうしても必要な場合は、ご相談下さい。水場は自然体験センターなどを使用します。当日使用する飲食に用いるカップ・食器については昨年に続いてデイッシュリターンにし、使い捨て容器は使用しないこととします。飲食関係の出店をされる場合は、保健所の許可を得ていただくとともに、カップ・食器・箸など必要数を申請していただき、経費を負担していただきます。
持ち込み備品については事前の申請の上、下記の実費をお願いしています。企画登録が終了後、「実施内容・備品申請書」で正式に申請をしていただきます。
<備品代について>
          ・テント…1張りの半分の1ブース分(横2.7m×縦3.3m) 4000円 *杭の代金を含む
          ・机1000円…180×60cm   ・パイプイス…300円  ・杭…1本 100円
          ・食器…サイズによって異なる。使用枚数の申請分負担
・ その他…申請後の話し合いによる


投稿者: ツッピ! 投稿日時: 2013-12-12 9:29:08 (2334 ヒット)
アースデイ情報局

アースデイ・フォーラムでお世話になった富山大学理学部の丸茂先生から、12月21日(土)にフォーラムと同じ理学部多目的ホールで開催予定の、放射能問題を扱うシンポジウムについてご案内をいただきました。添付のチラシをご覧の上、足をお運びいただけると幸いです。

           記

シンポジウム「震災から3年を迎えて 環境と放射線 −福島は今−」
日 時:2013年12月21日(土)13:00〜17:20
場 所:富山大学五福キャンパス 理学部2階多目的ホール
入場料:無料

プログラム(抜粋)
 基調講演「大学発の被ばく医療への対応−震災前と後−」弘前大学教授 柏原幾郎
  (休憩)
 講演「トリチウム汚染水の処理と環境挙動」京都大学教授 小西哲之
 講演「土壌−植物系における放射性セシウムの移行挙動」福島大学特命教授 塚田祥文
  (休憩)
 講演「海底土の放射性セシウムの分布の計測」(独)海上技術安全研究所 小野田直光
 講演「放射性物質汚染土壌の実情と今後の課題」茨城大学教授 小峯秀雄
  (休憩)
 講演「富山県で実施された農用地土壌汚染対策の概要」富山県農林水産部 小池 潤
 講演「土壌汚染を経験した富山の情報を福島に」富山大学教授 丸茂克美

主催:富山大学、後援:富山県、富山市など、協力:富山県立イタイイタイ病資料館
問合せ先:富山大学研究振興部研究振興グループ(Tel. 076-445-6694、Fax. 445-6033)


  チラシ・ダウンロード>>
 
 


投稿者: ツッピ! 投稿日時: 2013-10-27 7:22:23 (2950 ヒット)
アースデイ情報局

アースデイとやま2013実行委員会では富山大学の2名の教授の方とともに、環境活動家田中優さんを招いて「放射能下の日本で暮らすには? 〜人と生き物の現状と未来〜」をテーマに講演会を行います。2011年3月11日の原発事故から、空気も水も食べ物も安全と言えなくなった日本。福島第一原発周辺では生き物たちにどのような異変が起きているのか。私たちは何を食べ、どのように暮らしていけばいいのか。そのための対策として放射能を測定する意味とは。 
 原発事故後を生きるために私たちはどうすればいいか。そして省エネや自然エネルギーを選択することで日本の社会はどのように変わるのか。
未来のために、ともに考えてみませんか。

●日時…12月1日(日) 13時30分〜16時30分
●場所…富山大学理学部多目的ホール 
    <富山市五福3190番地 市内電車「富山大学前」下車徒歩10分>
●参加費(資料代、講師料):一般1000円(前売800円)、学生500円
●主催…アースデイとやま2013実行委員会 共催予定:富山大学生協
問い合わせ先…アースデイとやま事務局/みどり共同購入会 076-493-626

 ●スケジュール
 13:00 開場 13:30 開始
 13:35 講演機 嵎‥腓離皀哀蕕鵬燭起こっているか」
    講師:富山大学理学部 横畑泰志教授
 14:05 講演供 峇超中の放射線を計るということ」
    講師:富山大学理学部 丸茂克美教授
 14:45 特別講演 「放射能下の日本で暮らすには」
    講師:田中 優さん
15:45 意見交換会 16:30終了
*17:00より大学内・喫茶室AZAMIにて交流会 *別途1000円必要です 飲み物付き


チラシ・ダウンロードする >>

*講師の紹介
<田中 優さん>
 1957年東京都生まれ。地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などの、さまざまなNGO活動に関わる。2012年末に岡山に移住、自宅と電力会社との電線をカットし、電力会社に頼らない太陽光パネルと独立電源システムだけの生活を始めた。現在「未来バンク事業組合」「天然住宅バンク」理事長、「日本国際ボランティアセンター」理事、「ap bank」監事、「一般社団法 人 天然住宅」共同代表を務める。立教大学大学院、横浜市立大学の 非常勤講師。 公式HP 田中優の持続する志 http://www.tanakayu.com/ 
 最近の著書『電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへ』合同出版 『放射能下の日本で暮らすには?』筑摩書房『子どもたちの未来を創るエネルギー』子どもの未来社 『原発に頼らない社会へ』 武田ランダム ハウス 『地宝論』 子どもの未来社など。

<横畑泰志さん>
 1960年大阪府生まれ。富山大学理学部生物圏環境科学科野生動物保全学研究室教授。獣医学博士。主な研究テーマは小型哺乳類(特にモグラ類)の形態・生態・行動学、野生動物寄生性蠕虫類の分類・生態学、自然保護について。NPO法人立山自然保護ネットワー副理事長。アースデイとやま2013実行委員会副委員長他。
<丸茂克美さん>
 1954年東京都生まれ。富山大学理学部生物圏環境科学科教授。前独立行政法人産業技術総合研究所地質情報研究部門主任研究員。理学博士。放射性物質による土壌汚染の調査や環境汚染対策や技術開発などを研究テーマとしてきた。自然由来重金属類評価研究会会長。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 47 »