ログイン |  新規登録    登録数:133名 | サイトマップ |
カテゴリ一覧
アースデイとやま の記録

「みんなのブログ」の使い方!
ログインすると左メニューに「ブログ投稿」が出ます!日記、コラムなどご自由に書き込んで、
お好きなカテゴリーを選び投稿ボタン(即、掲載)です。(カテゴリーは今後、増えていきますよ!)
みんなのブログ - 最新エントリ
 最新エントリ配信

最新エントリ
2005/02/15
カテゴリ: 恭子のエコひろば : 

執筆者: kyoko (3:48 am)
とやまエコひろば主催の里山スローライフ工房・もちもち探検隊が
13日(日)、無事終了しました。

予報に反してお天気に恵まれ、雪のあるお庭でのもちつきは
なかなか豪快でした。
もちをついたり、里山鍋の野菜を切ったり、火の番をしたり、
きな粉や納豆や大根おろしの用意をしたり、みんな何かで参加して
普段できない体験をし、みんなでつくっておいしくいただきました。
循環農法を実践している土遊野農場の橋本順子さんのお米づくりの話に、
大人たちはおおいにうなづき、
伊藤道子さん(エコテク研究会)の「おもちの秘密」の紙芝居は、
小さい子たちにも大受けでしたね。
もち米とうるち米とのおいしさの秘密は、でんぷんのつながり方に違いがあったんです。大人たちも「へぇ〜〜〜」でしたよ。

午後は初めてカンジキをつけて森の散歩に出かけ、森のかくれんぼをして遊びましたが、もっと歩きたかったと、もの足りなそうな子もいましたね。

総勢40人近く、予想以上の子どもの多さ、にぎわいぶりでしたが、
みんなの参加協力で、事故もなく、楽しい日を過ごすことができました。
もちつき体験を通して、もちを知り、米を知り、田んぼの生きものや森の生きものに思いを馳せましたが、3歳、6歳、9歳、12歳、それぞれの胸に何か残るものがありますようにと、願った一日でした。  (ポンちゃん)