ログイン |  新規登録    登録数:133名 | サイトマップ |
カテゴリ一覧
アースデイとやま の記録

「みんなのブログ」の使い方!
ログインすると左メニューに「ブログ投稿」が出ます!日記、コラムなどご自由に書き込んで、
お好きなカテゴリーを選び投稿ボタン(即、掲載)です。(カテゴリーは今後、増えていきますよ!)
みんなのブログ - 最新エントリ
 最新エントリ配信

最新エントリ
2005/03/03
カテゴリ: 井上伝報◎北陸版 : 

執筆者: 井上ヤスミチ (1:48 am)
今回は僕の活動紹介ではないのですが、
僕が富山大学生の頃にお世話になった、
恩師が参加している大阪のバンド
「せいかつサーカス」が3/5富山市中央通りを
ちょっと入った2階のライヴバー、
ARTIST'Sにやってくるというので、
微力ながらここで宣伝します。
恩師は当時、学生を大阪釜ヶ崎という日雇い労働者の町へ連れて行き、
町のお祭でボランティアに参加させるなどの活動を通して
現代の若者に、日本に未だ残る社会問題の一つを目の当たりにさせるという
課外授業をしていて、僕らはあの町の風景と人々に
大きなカルチャーショックを受けたのでした。
(釜ヶ崎は東京の山谷、横浜の寿町と並ぶ日本三大寄せ場の一つ、
農家の次男三男であったりさまざまな理由で地方から職を求めて都市に来て
高度成長期に過酷な条件のもと多くの建設業などに携わった人々が、
今は仕事無く、家はおろか戸籍などの無い人も多く、
それでも集まって暮らしている街です。
誇張ではなく、女性がほとんど居ない街でした。
だからお店も男性向けの衣料品店・雑貨店・立ち飲み屋が多く、
僕が知っている日本の風景では無い街が、そこにありました)
そんな恩師(劇団風ダンサー)や、
実際釜ヶ崎で働いていたお爺さん(この方はダンボールに詩を書く!)のダンスに、
怪しいパワーがにじみ出すヴォーカリストに、
チープさがたまらないこてこてダンスコーラス、
楽器はファンキーなリズムで囃したて、
時には綱渡り火の輪くぐりの大道芸人まで、
メンバーは老若男女大所帯、
とにかく楽しいバンドなのです。
僕は大好きなのです。

今回は何人くらいで来られるのかは知りません。
これを読んだ皆さんが必ず楽しめるかと言ったらわかりません。
でも、間違いなく僕のルーツというか目標の一つではある、この素敵なバンドを、
是非、見て、何かしら感じて貰えたら、嬉しいなと思いましたので、
こちらに告知をさせていただきました。

以下、せいかつサーカスのサイトより抜粋
3/5 21:00〜
富山ARTIST'S
tel 076-492-2300
2000円

↑これは以前僕が作った地図。マクドナルドも無印も今は無いです、あ、ひょっとして大和も?↑
2005/02/13
カテゴリ: 井上伝報◎北陸版 : 

執筆者: 井上ヤスミチ (4:01 am)
どうも、昨年のアースデイではお世話になりました絵描きの井上ヤスミチです。
今日は北陸での活動情報ではありませんが、きのうの日記より転載。
産まれて初めて味噌を仕込みました。
それと、来月の富山での活動の予告。

仕事のあいだ中、両手鍋2つに大豆を入れて6時間ほど弱火でクツクツ煮続け、
夜6時半ころか、昨年トージバ(都市と農村をつなげるプロジェクト、ホームページとても素敵)
で知り合って以来の友人朱雀さんが到着、男二人でせっせと大豆を潰して
コウジと塩と混ぜてタッパーに詰めた。
かねてからやろうやろうと言っていた味噌作りである。
作ると言っても、私のようなキッチンに目の届く部屋で仕事する人ならば、
今日のように仕事の間ずっと弱火で放っておけば仕事に差し支えなく大豆が煮えて、
あとは潰して混ぜて詰めるだけ。
まったく初めてで、あーだこーだ言いながらにもかかわらず
2時間かからずに仕込み終えた。
仕込みはこれで終わりだが、食べられるのは半年後。
僕らの仕事は2時間だけれど、あと6ヶ月コウジ菌が働いて、
お手前お味噌が出来上がりなのである。
コウジ菌に負けないように、俺もがんばっていい仕事するからよ、
半年後に俺とお前らコウジ菌ズの仕事の成果を自慢し合おうじゃないか、
秋からのお味噌汁、楽しみにしているぜ。

ちなみに大豆は朱雀さんがトージバ先頭カフェの閉店の時に縁あって頂いたもの。
ありがたや、元気の源、ありがたや。



■■3月19日とやま市民平和文化祭
大きな折鶴と絵本「戦争のつくりかた」の原画(大きいの1枚)を展示。
(ただし本人は不在です)

■■3月26・27日富山アートマーケット(富山市市民プラザ)に出店。
27日は1時30分ころより40分間ほど、
大谷氏(唄など)
ヤマダベン(太鼓などex.アペラッチャコ)さん、
nobu(サックス)さんと
さらに創作機械工房 Piccolo S.P.A.さんの
創作自転車を交えてのライヴペイントパフォーマンス!
入場無料です。是非。

以上の二つについては近日こちらでも宣伝します。
2004/12/01
カテゴリ: 井上伝報◎北陸版 : 

執筆者: 井上ヤスミチ (1:33 pm)
アースデイとやまではいろいろお世話になりました、
絵描き井上ヤスミチです。
まずは来年ファミリーパークでの開催おめでとうございます。
楽しくなりそうですね!

さて、目前になっての告知で申し訳ないのですが、
あさって3日より、高岡市の民家を使った元気なお店「蜂の巣」和室スペースにて、

個展を開催します!

井上ヤスミチ個展2004→5
「トリプルアクセル」
富山会場
2004年12月3〜8日
「蜂の巣」
富山県高岡市東籐平蔵313
tel 0766-63-5048(あうん)
11〜19時、P有り
(地図など詳細は井上ホームページに掲載)

高岡会場では、可能ならばアースデイの看板絵も
展示したいなと考えております。
入場無料、是非おいでください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
井上ヤスミチ個展2004→5「トリプルアクセル」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アクセル全開、今年の個展が今週金曜、まずは富山から、
その後静岡、東京と、年をまたぎ都市をまたぎ、
3ヶ所回ります。井上ヤスミチ個展2004〜5
「トリプルアクセル」開催!

日程・場所(地図など詳細は井上ホームページに掲載)
■2004年12月3〜8日
「蜂の巣」
富山県高岡市東籐平蔵313
tel 0766-63-5048(あうん)
11〜19時

■2004年12月16〜28日(水曜定休)
「ORB」
静岡県静岡市中田1-12-22
tel 054-654-8544
12〜19時


■2005年1月14〜24日(火・水曜定休)
「国分寺カフェスロー2階
 スローギャラリー」
東京都府中市栄町1-20-17
tel 042-314-2833
日・月・木:11〜19時 金・土:11〜22時 火・水:休み
※ライヴなど入場料かかる日でも、カフェ入り口を入りすぐ右手に階段が
あり、2階ギャラリーのみ見たいお客さんはチケット要らずに無料で2階ギ
ャラリーに上がれます、入り口でその旨言ってもらえれば大丈夫。

ライヴペイントの大きな絵から、
銀座に展示した布の絵、絵本の絵、新作染めTシャツ、
トートバッグ、版画ハガキ、おなじみダンボールの絵、
いろいろな活動の写真や井上月報のファイルなどなど、
いろいろ展示・販売。開催期間中は毎日会場でお題をいただいての
ダンボール絵描きをします。全日程、入場無料。

会場を3周半見て周ってくれたお客さん(自己申告)には
特別トリプルアクセルハガキをプレゼント。


詳細は井上個展ページ
http://yasmichi.com/kikaku-041203-3a.htm
2004/08/27
カテゴリ: 井上伝報◎北陸版 : 

執筆者: 井上ヤスミチ (12:29 pm)
こちらへの投稿をサボって申し訳ないです。
4月のアースデイからGW終わりまでの富山滞在の後、
東京へ戻ってからほんとうにいろいろありました。
5月半ば、アースデイでお世話になったアキオさんから
「友人が挿絵を描いて欲しいと言っている、連絡とってください」
との電話あり、その日に初めて電話でお話したのが金沢のmilkyさん。
聞けば有事法案、とりわけ
成立しそうな国民保護法案(当時はまだ「法案」)の怖さを訴える
絵本を作っていて、緊急で挿絵が要るとのこと。
法案は来週にも衆院通過するかも、1日も早く本にする必要がある。

絵を描く人にとって、「絵本」というやつは
けっこう聖域的なというか、敷居の高いというか、
力を入れて相談を重ねていっぱい考えて作りたいもので、
僕は他の多くの絵描きさんよりは「絵本」というやつに
対する思い入れは少ないほうだと思うのですが、
それでもやっぱりいい加減なものを出すのは躊躇するわけであって、

でも今回は緊急。

ろくに面識もないこの依頼主さんは、
1日でも早く、遅くとも数日内に、
2ページ毎に載せる挿絵が要ると言う。
そのころは毎日何かしらの締め切りがあって、
そう何日も時間を空けるわけにはもちろんいかない。
原則としては、先に依頼をいただいた人が優先です。
しかも、一応絵本だというのに、制作陣と会って話し合いすら出来ない。
絵描きとして受けるべきではない仕事と思いつつも、
今回の絵本を作ろうとしている人たちの勉強会のサイト
仮のイラストを入れてある製作途中の本のファイルを見て、
期日なくて多少粗い絵でも、本のことを考えたら絵が無いよりはマシ。
大事な本だし、少しでも役に立てるなら描こうという気持ちになる。
幸い、先に依頼が入っていたお仕事は
こういう事情なら少々完成が遅れても大丈夫なお仕事で、
とにかく1日だけ空けて、
1日で描ける程度の絵しか描けないですとひとこと断り、
絵本制作チーム「りぼんぷろじぇくと」のメーリングリスト
(1日数十通のメールが飛び交う)に入れてもらい、
いろいろやり取りしながら大急ぎで描き始める。

もうずいぶん前のことなので覚えていないんだけれど、
翌日の晩かな、に、2枚くらい除いてほぼ仕上がり、
パソコンに取り込んで色つけるのに不慣れな作業なので1日かかって、
なんとか送信→初版5000部印刷へ。
そのころ法案は衆院を通過。
翌週には印刷上がり、5月末には審議中の参議院の全議員さんに
手渡すべく、永田町参議院議員会館へ。
手分けして事務所を回り、主に秘書さんに手渡し。
後日、審議の中にこの本の話題が出たというから
わずかながら効果はあったのでしょう。
衆議院議員の事務所はポスト投函で済ませ、
残った4300部くらいかを、6月1日、一般に向けて発売開始。

この日の前に、朝日新聞西日本版で写真入で取り上げられたり、
すでに各自の公演先などで販売も始めており、
瞬く間になくなりそうだとの電話が来たのが5月29日、
吉祥寺で友人バンドのライヴを見ていたときでした。
初版発売日の6月1日にはすでに改訂版を出す話をしていました。
文章も多少変わり、僕としても初版の絵は大急ぎで作ったので、
この改訂版ですこし絵を加筆修正。
6月11日に改訂版が発売開始。

6月14日、世間はやれ年金だ北朝鮮だサミットだで大騒ぎの中、
この国民保護法は大した報道されること無くあっさり通過。

毎日・中日・朝日(全国版)新聞ほか週刊誌など多数
(絵本戦争のつくりかたサイト「最新ニュース」に掲載されてます)で取り上げられたり、
各地でダウンロード→コピー→ホッチキス止めの公認海賊版が
多数配布・販売されたり、スライドショー形式で発表されたり、
音声配信が始まったり、意識の高い書店さんが店頭販売してくれたりで、
どんどん反響大きくなり、自費出版では異例の3万3千部を印刷。

6月末には大手出版社マガジンハウスからの発行が決まり、
これも緊急だったため、本当ならすべての絵を描き直したい
ところだったのですが、僕はそのころ展示のための新作制作に
頭いっぱいで、とにかくマガジンハウス版に向けて数枚だけ
絵を加えることになり、なかでも一枚、大きな戦争の絵を、
二日くらいかけて頑張って描きました。
僕の頭で考えた、日本が戦争に関わる絵です。

大変暗い気持ちになったので、今後はこんな絵を描くのはごめんだなぁ。

マガジンハウス版の最後のページには、
ここ最近Tシャツや版画ハガキやうちわに
たくさん描いている、つなぐ手の絵を、明るめに描きました。

マガジンハウス版の表紙の背景は、
この「つなぐ手」の絵の描き損じなのですが、
「これを表紙に使おう」と決まって、使われることになりました。
表紙は無地でいくと言う話だったり、二転三転の中のこと。
なにしろマガジンハウス的にも最短記録くらいのスピード出版
だったそうで、日に日に工程が進み、
なんと僕は現物を書店の店頭で初めて見ました。


で、マガジンハウスから全国書店にて先月末から、
絵本「戦争のつくりかた」が物議を呼びながら
(とても好評とは言えない)発売中です。
ハードカバーになって、
本が出来た経緯など解説文が加わって、
英訳が加わって、
詳しい法令の参照も加わって、
新たに絵が数点加わって、
税込み630円。
買えとは言いませんので、立ち読みでもかまいませんので、
読んで、何らかの意見を持ってください、
人と話してみてください、
あれ、と思ったら、調べてみてください。
政治は僕らの暮らしそのものなので、
関心を持ってください。

世界のいろんな人と、大いに笑ってもっと友達になれる未来が来ますように。



先日、とりあえず本が出来たのでひと段落ということで、
東京で、本を考え作ったりぼんぷろじぇくとの数名で
打ち上げをしました。
兵庫、三重、石川、愛知、埼玉など、色んなところから、
メールリストでのやり取り中心に出来た本でしたので、
初顔合わせも多く、不思議な感じでした。
最初に僕を誘ってくれた金沢のmilkyさんは、
去年の1.16だったかな、富山でのピースウォークから
僕を知っていたそうで、アースデイ富山では、
僕の出店ブースで買い物をしてくれていたそう。
顔覚えていなくてすみません、ピースウォークもアースデイも、
いっぱいいっぱいで周りが見えていませんでした。

そんな出会いをくれた、
ピースウォークとやま、アースデイとやまに感謝です。


関連サイト
●絵本戦争のつくりかたサイト
●国民保護法ウォッチャーズ
●マガジンハウスの戦争のつくりかたサイト(通販で買えます)
2004/05/03
カテゴリ: 井上伝報◎北陸版 : 

執筆者: 井上ヤスミチ (7:40 am)
絵描きの井上です。
今日明日明後日と、高岡の蜂の巣というお店の
2周年記念イベント、手作りフリーマーケットに参加します。
板の絵数枚、Tシャツ、版画はがきの販売、
アースデイとやまでは地球の絵を描こう企画のために出来なかった、
いつものお題をもらってのダンボール絵描きもします。
11時〜18時、もちろん入場無料。是非お越しください。



で、本題です。
今回は、東京で一番お仕事をもらっているかもしれない
熱くて優しいフォークシンガータコおやじ、
下村誠さんの
ライヴのお知らせ!!


自ら企画し、1月25日に発売したオムニバスCD、
マザーアースソングス(下村さんは3曲歌っています)をひっさげての
岐阜・石川・富山(他にも岡山とかいろいろ回っているっぽい)ツアー。
富山は5月4日(祝)、砺波市頼成(らんじょう)の古民家「まみあな」にて、
ゆったりまったり、お座敷ライヴです。
同CD12曲目、「愛の花」の吉本有里さん(歌・バイオリン、たしか2児の母)と二人で
ツアーに回っているそうで、まみあなの暖かいアットホームな
雰囲気でのライヴがとても楽しみ。
このCD、otoさんも3曲目NUUさんの「手のひらサイズの心臓」に
ギターで参加していたり、なんと僕も歌詞カードの裏の絵と
CD盤面の絵を担当。今回のまみあなライヴには、
会場のどこかにこの歌詞カード裏の絵の原画を飾ってもらいます。
この機会に、まみあな未体験のあなたも、是非!
本当にいいところですよ。

↑チラシも描かせて頂きました


↑地図拡大


↑CD


↑CD歌詞カード裏の絵





追伸

本田さん、昨日のまみあなタケノコ掘りでは、
アースデイに引き続きお世話になりました。
木を見て、詩をささげるゲーム、すごく良かったです。
色見つけも子どもたち夢中でしたね。

では、また

(1) 2 »